準備しておくこととは

The man wearing vest

データサイエンティストの方が転職をする上で大事なことについてここまで説明をしてきました。ですが、データサイエンティストの求人を選ぶことがゴールではありません。データサイエンティストの求人を選ぶことは転職のスタートです。ここからが本格的な転職活動のスタートになるんです。転職活動をする上で必ず必要となるのが、面接です。面接をせずに転職先に採用されるなんてことはありません。どの会社を選択しても絶対に面接は受けることになるんです。そして、その面接で最初に聞かれることは会社を選んだ理由です。データサイエンティストの求人が多くある中で、どうしてこのその会社の求人を選んだかを伝える必要があるんです。面接で最初に聞かれるということは、会社が最も重視していることと理解できるでしょう。ですから、しっかりとした答えを準備しておかなくてはなりません。
会社に悪い印象を与えてしまう志望動機のひとつに、言っていることが曖昧というものがあります。何が言いたいのかがはっきりせずに、長々と話してしまい、結局は何も伝わらないというものです。必ず志望動機は結論から伝えることが大事です。分かりやすく気持ちを伝える内容をしっかりと考えておきましょう。
さらに、給料や待遇など条件面だけを志望動機として伝えることも悪い印象を与えてしまうでしょう。データサイエンティストに方からすれば正直に伝えているつもりなはずです。ですが、それでは仕事への思いを伝えることが出来ません。条件面を入れるのはいいですが、そればりではいけません。必ずデータサイエンティストに対する思いやこだわりを入れておくようにしましょう。
転職には必ず志望動機があるはずです。面接で聞かれたときにしっかりと答えることが出来るように準備をしておきましょう。